ARTIMEDIA 忍者ブログ
   "西域の流砂に埋もれる者達を顕せる風の如く"
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
(04/28)
(04/27)
(11/06)
(07/27)
ARTIMEDIAN
最新トラックバック
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北上川を河口より少し上る山あいの女川、追分の湯
湯の端に胡座して
人も光も皆揺らいでけぶる湯の面に
ふいに魅入られそうにもなる
やわらかき・・・
わが造り蓄えし数え切れぬ砂の如き悪業を
ことごとく吸い出だし吸い取りてなお我を受け入れるかのような
この泉霊
渡り行く風が奏でる音色にこのみの総てを感応させよ
湯口に晒す如意の小枝もまた行く雲の如し

ゆとはふしぎなりけり





PR



「サ~エキ゜サ~エキ゜ ドッコエサ~エキ゜
オヤマァサハズダエ~ コンコ゜ードーサー
ェエズネノハエ    ナノキーメミョチョーラエ」


旧八月一日岩木山神社奥宮に参拝をする際、登りの囃子です。
山頂の奥宮には「ハズノババ」という女神がおわせられるそうな。
ハズヤマ(初登山)をすると一人前、九つ十の子らが登っていたそうな。
岩木山で女人が登る事の出来るのは「姥石」という岩木山神社から登って一里ともうちょい行った所、ここまで。この場所で女等は男等を送り迎えしていたそうな。

ちなみにおりてくる時、下山囃子もありすれろん。

「バダラ-バダラ バダラヨ
 エーヤマーカゲダジャー ツェダズヤマーカーゲダ」

 満足満足満足よー、宵山かけた、朔日山かけた

     (三浦義雄著 「かつて生活に津軽弁が息づいていた」参照)
 
津軽は尾上町、猿賀神社の奥の院・弁天さまの蓮にござる!
「ぽんっ!」とて鳴るそうな。



黒石 ATホーム展
光をいっぱいに吸い込んで<おはよう>の姿!


倉内さんのコースターも


天心の恋人達も


石澤さんの交差点も


工藤さんのおはようの小鳥も


SAY Good Morning!
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
忍者ブログ [PR]