ARTIMEDIA 六路天心 挽きもの展 1996.11.21 Thursday 忍者ブログ
   "西域の流砂に埋もれる者達を顕せる風の如く"
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
(04/28)
(04/27)
(11/06)
(07/27)
ARTIMEDIAN
最新トラックバック
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



青森県工業試験場の門をくぐり、てびきろくろを習得したのが六月、
二ヶ月後に弘前の田中屋で初の個展。
勢いに乗じて十一月札幌にて二回目、その名も゛六路天心。
ロクロを使って椀や皿を造るのが挽きもの師と呼ばれ
日本中の山から山へと渡り歩たーいわゆる山家であります。
日本の三大美林は彼らが造ったとされてます。
山中に六郎沢とあればその辺りに挽きもの師の集落があったということです。長くなりすぎましたがそんなわけで六路天心。
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[10] [9] [7] [5] [3] [2] [1]
忍者ブログ [PR]