ARTIMEDIA 展示会のお知らせ 忍者ブログ
   "西域の流砂に埋もれる者達を顕せる風の如く"
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(04/28)
(04/27)
(11/06)
(07/27)
ARTIMEDIAN
最新トラックバック
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなりハイレベルでとっても面白い写真展!が近々あります。



「對馬基起路上観察写真展」

(ツシマモトキ ロジョウカンサツ シャシンテン)
題:路上の造形物 津軽編

時:7月25日(火)~7月30日(日)10:00~18:00

処:弘前市一番町角 田中屋画廊
  0172369208
内容:

對馬さんの写真を見せられると、いつも自分の観察眼に五寸釘を突き刺されてしまう。こんなにも世の中がユーモアとアートに満ち溢れていたのかと感動してしまう。

ごく普通にそこいらにあり、いつでも話題にさえ上らないありふれたものものが、世界にたった一つしかない表情を持って語りかけている。

そして写真たちに別れを告げ、また自分の日常に戻ると町が空気がまったく違うものに感じられる。

そう、映画を見終わって外に出た瞬間だけ自分がヒーローに思えるあの時のように.

P.S
案内状の裏に小さい字で「その他・・・写真帳=約7000点同時展示」とありました。此れは見応えがあります。

初日に出かけよっと !
PR


時:7月10日~8月7日 10:00~16:00
処:ギャラリー森山
  弘前市樹木2-20-2
  ℡0172-35-6787  入館料は大人500円です。



内容:昭和のほぼ全期間、ねぷた絵師の総帥として弘前ねぷたの先導を務め「ねぷた和尚」と呼び親しまれた長谷川達温(大正10~平成1)。
初代情張り太鼓のねぷた絵、多数の見送り美人画、と共に棟方志功の「鯉」、「雲漢」の書などが展示されています.
両名の迫力のある作品群に囲まれて、昭和の古き良きねぷたを感じるひと時.





特別参展として、CHARO & 天心 の「ねぷたな額」・中川俊一の「ねぷたな照り」数点と、さいとう天心作「巳の刻」2点も展示してあります。



どうぞ一度ご覧に来てください. 天心
さいとう天心の木彫りのある風景



最新作 「KAO 01」desu.



次新作 「KAO 02」


時:6月22日(木)~6月26日(月)
  10:00~18:00

所:画廊あるち 青森市新町2-6-21
  ℡ 0177222507

題:さいとう天心の「木彫りのある風景」

内容:久しぶりの青森市での個展です。
最新作「KAO」
「スワン」の他に、独り膳、皿、台、
   ボタンアクセサリー、
   林檎の判子造りもやります!

どうぞ皆さんでお出かけ下さい.


新しいお知らせを致します。

時:6月9日(金)~12日(月)
  10:00~19:00(最終日は17:00まで)

所:弘前市立百石町展示館(全館1F/2F)

題:-2006 弘前工芸協会展-「Re-楽-S」(リラックス)

内容
木工・陶芸・藍染め・裂き織り・津軽塗り・ブナコ・蔓工芸・アクセサリー・針金・判子等々、メンバー30人によるクラフトフェアーです。

暮らしの中のリラックス再発見、体験しにきませんか!
を開催致します。どうぞ皆さんでお出かけください。

 弘前工芸協会事務局:弘前市在府町61 
       弘前こぎん研究所内℡・0172-32-0595

          あるちめぢ阿n さいとう天心
[1] [2] [3]
忍者ブログ [PR]