ARTIMEDIA ROOTS 忍者ブログ
   "西域の流砂に埋もれる者達を顕せる風の如く"
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(04/28)
(04/27)
(11/06)
(07/27)
ARTIMEDIAN
最新トラックバック
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

誰かの背中。
大きな温もりの向こうに見え隠れする遠い闇。
何処までも行く先に広がっていてとてもじゃないが泣き止むなんて事は出来やせぬ。

もう何度目かの背中と手ぬぐいとの往復の後かすかに聞こえる足音とは違う音。
闇は近くなり峠のテッペン辺りで山の陰と重なり、ふとふと向うにまあるい灯が揺れて背中で揺られて。

遠くからの丸い太鼓で呼び起こされた。

         包み込まれていた。
 
目に飛び込んでくる鋭い叫び声。くるくると五色の光の輪。着物の裾をはだけて血だらけの女が出刃包丁を手に呆然と立ち尽くしている。

街の映画館から立ち上る威勢のいい煙と騒々しいほどの炎の中を母の手に引っ張られていく。映画館の子とは友達で、ちょっと年上。ヒコウキ、グンカンのプラモデルを部屋中に散らばして、あっちを飛んだりこっちで沈んだり。

  焼け跡は我等の格好の遊び場と化す! 

柱時計のバネ、文字盤、振り子! 赤黄青の茶碗のかけら、ヤカン、箪笥の取っ手、鍋の蓋、よく切れるガラス板、何かの輪っか。
レンズ!!
zerosenとyamatoは消えていた。

 数日後、焼け跡にパチンコの台。筋向いのパチンコ屋が類焼を受け新台入れ替え。いつもは土間に落ちている玉を拾ってビー玉代わりにに使っていた、台には背が足りず手が届かなかった憧れの台が十数台。周りには焼けてくすんでるけどあの玉が無尽蔵・・・ 
打ち捨てられた台の穴に玉を入れ、初めて弾いた。

チーンコココ、チーンコココ、チーンゴゴゴ。

近づいてくる、耳のすぐ下にある丸みの帯びた暖かいレールから響いてくる。
石炭を積んだトロッコが通り過ぎると同時に砕け散る小石の列。

30連発があっちとこっちだからかなりカッコいい。

朝霧の立ち込める川原には、そちこちの山々から切り出された木々の生の匂いが綿菓子のように塊となって浮かんでいる。その綿のひとつに潜り込んで抜けて出た。


 振り向くとそこはオガクズの山。


山の向うに何があるんだろうとボンヤリ考えてた三つ四つ頃の原点。





PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[18] [17] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [7] [5] [3]
忍者ブログ [PR]